Tuesday, February 11, 2014

キャラクターダンス用スカート 1

娘達が通っているバレエレッスンではRAD (Royal Academy of Danceというイギリスのダンス検定機関で、世界中のバレエのレベルを認定する主機関のひとつ)のカリキュラムに沿った指導を受けています。

そのカリキュラムの中に「キャラクターダンス」と呼ばれる種目が入っています。
ロシア、ポーランド、ウクライナ地方などの舞踊(フォークダンスのようなもの)が取り入れられ、バレエとはちょっと異なる踊りを学ぶことができます。 
その際、専用のスカートとヒール靴を履いて踊ります。

シーズンの途中でクラスが変わった次女りんこには、スカートがありませんでした。
スタジオのレンタル用スカートが全部出払っているので、スカート無しでも大丈夫、と先生は仰ったのですが、 自分だけスカートが無いのは本人も寂しいらしい。
簡単に入手出来るなら、と調べたところ、専門店で$100弱するのだとか?!
意外に高価な物でビックリ。

そこで、偽物(いえ、似た物)を作ってみることにしました!

 RADの規定ユニフォームのページへ行くと、
ふむふむ、どうやら黒のフレアスカートで、長さが規定に合っていればOKらしい。
 
でも却下されたら心配なので、できるだけ本物に近づけるよう、まずは長女のレンタル中スカートを研究。
 
ウエスト部分はマジックテープで、10cm以上調整可能になっています

全円のフレアスカートを作り、カラーリボンを縫い付ければいいだけなので、簡単に作れそうです。

面倒なのは、正確な計算と、適切な素材探しかな?

次回へ続く・・・。   
にほんブログ村 海外生活ブログ トロント情報へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...